バレンタインになれば義理チョコをもあることもたくさんありますよね。学生のうちであれば学校でもあることはもちろんありますし、職場でも義理チョコをもらうことがあると思います。

なんだかんだ義理チョコでももらえると嬉しいですし、楽しみにしている方も少なくないと思います。

そんな義理チョコですが、もらうだけではもちろんだめでホワイトデーにお返ししたいですよね。

ですが、ホワイトデーのお返しはどんなものがいいのか、値段の相場はどうすればいいか悩む点はたくさんあります。

そこで、今回はホワイトデーのお返しについて紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

義理チョコへのお返しの相場は?大人編・学生編

義理チョコのお返しをするときに気になるのはやっぱり相場がどれくらいなのかだと思います。

値段が高すぎると相手に気を使わせてしまいますし、逆に安すぎるものをプレゼントすると雑という印象を受けてしまいます。

ですので、しっかりお返しの相場を知っておいた方がいいですね。

ホワイトデー・学生のお返しの相場は?

お返しの相場、まずは学生編です。

学生は基本的に社会人ではないのであまりお金がない方が多いと思います。ですので、ホワイトデーはとはいえあまり高額なお返しはしなくても大丈夫。

相場・・・一人に500円程度

 
義理チョコをたくさんもらっている場合であれば200円ほどに抑えて数を確保できるようにしてもいいですね。

また、相場はだいたい500円ほどではありますが、相手のチョコが安いチョコだったりする場合にはこちらも安くてあげやすいものを選択するのがいいかと思います。

学生さんの場合は、お金をかけたり見た目の高級感を気にするよりも、見た目や味、パッケージの楽しさ・面白さ、「カワイイ」を重視して選ぶと喜ばれますよ。

ホワイトデー・社会人のお返しの相場は?

次に社会人編です。

社会人ともなればある程度しっかりした義理チョコをもらうこともあると思います。そんな義理チョコに対して安物で済ませるのは申し訳ないですよね。

相場・・・一人に1000円程度

 
相手によってはいつもお世話になっていて少しいいものをプレゼントしたいという方もいらっしゃると思います。そういう場合であれば、少し奮発して2000円くらいのものをプレゼントしてもいいと思います。

義理チョコのお礼に合わせて日ごろの感謝を伝える場合には少し金額のするものをプレゼントしてもいいですね。

社会人の場合は、自分の予算のなかでも、見た目の高級感があるものや、美しいラッピングのものを選ぶといいと思います。また、有名なブランドのお菓子や小物から選んでしまうのもオススメです。


スポンサーリンク

義理チョコへのお返しにおすすめのプレゼント

義理チョコのお返しは具体的にどうすればいいのか、まさか同じようにチョコをプレゼントするわけにもいきませんよね。

お返しとはいっても値段によっていろいろありますが、少し価格のするものから紹介していきます。

普段使える小物

まずはハンドクリームなどの日常で使うものです。

自分では買わないようなギフト用のハンドクリームも売っていたりしますので、そちらをお返しとして使ってみてもいいと思います。

私のオススメは、「ロクシタン」のミニサイズのハンドクリーム

様々な香りがあり、パッケージもかわいらしいです。一つ1000円前後で購入でき、大きさも女性がバッグの中やデスクの引き出しに入れておくのに丁度いいサイズ。

社会人のお返しにはぴったりではないでしょうか(*^^*)

百貨店の化粧品フロアでは店舗をよく見かけますが、私の地元ではスギ薬局でも3種類が売っていました。もちろんネットでも手に入りますよ。

ネットだと、お店によっては数本まとめ売りでお安く買え、ラッピングもしてもらえる場合があるので要チェックです。

ホワイトデーギフト

それ以外には定番としてギフトを使うのもいいですね。

デパートなどに行くと、お菓子の詰め合わせだったり、紅茶やその他いろいろなギフトがあります。

相手に好みに合わせることができますし、食べ飲みができるものであれば無駄にもなりにくいのでおすすめですよ。

これを参考にホワイトデーのお返しを成功させてみてください。

最後に

義理チョコはもらうと嬉しいですが、もちろんお返しをしなくてはいけません。

そのお返しですが、学生か社会人かでも相場が変わってくるので注意が必要ですね。

相場が高いなと感じる方は自分のお財布事情に合ったものを選ぶべきですし、逆にお世話になっている人だからと奮発するのもいいと思います。

相場はあくまで相場ですので、当たり障りのない人に返す場合であればそのままでもいいと思いますが、深いかかわりのある人であれば少し気持ちのこもったものを選ぶのがいいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク