バレンタインが近くなればプライベートだけでなく職場でもチョコをあげる場面がありますよね。毎年行っている行事だとしても迷ってしまうこともたくさんあると思います。

その一つがチョコの値段。

職場で男性職員にあげる義理チョコ、どれくらいの値段が相場なのか、そしてどれくらいの値段が妥当なのか?気になるところですよね。

安すぎたら安物買ってきたと思われても嫌ですし、高すぎるものを買って本命と思われてもそれはそれで迷惑です。ですので、義理チョコとしての適正な価格を知っておきたいですよね。

また、職場でチョコを渡す場合にはどういう風に渡せばいいのか、タイミングを逃してしまうこともあると思います。

そこで、今回は職場で渡す義理チョコについて紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

義理チョコの相場は?職場で渡すなら

バレンタインに職場に義理チョコを持っていく。

女性の方ならだれでも考えることだと思いますし、バレンタインの悩みの種の一つだと思います。

その時に一番困るのがチョコの相場です。

自分用に買うものや友達に買うものであればある程度高額だったり凝ったものでもいいですが、職場の相手への義理チョコは難しいですよね。そこで大体の相場を知りたい方も多いと思います。

基本的な相場・・・500円から1000円の間くらいで一つのチョコを購入する

 
また、安いものだと100円や200円の方もいらっしゃいます。

お勧めとしては500円から1000円の間くらいのものを選ぶのがいいかと思います。

これはなぜかというと、あまりに安すぎるチョコだとバレンタインにチョコを渡すのが義務になりすぎてしまいます。また、相手にも不快感を与えかねません。

せっかく相手にチョコをプレゼントするのですから、もらってよかったなと思ってもらいたいですよね。ですので、雑に扱わないためにもチョコの一つの値段は500円以上がいいかと思います。

そしてチョコの値段が500円以上ということはたくさんは購入できませんよね。ですので、いつもお世話になっている男性職員に限定してあげるのがいいかと思います。

ただし、職場で男性職員が多く、なんでもいいから欲しいという場面であるならある程度値段をおさえてたくさん購入するのも悪くないと思います。

職場の環境にもよりますので、自分の好きなスタイルを選んでチョコを渡してみてください。


スポンサーリンク

義理チョコを職場で渡すときの注意点

義理チョコを職場で渡す際には少し注意点もあります。

それは渡すタイミングです。

渡すタイミングを逃してしまうといつ渡せばいいかわからなくなってしまい、結果渡さないということにもなりかねません。

おすすめの渡すタイミングとしてはやっぱりですね。朝に少し早めに行って渡したい職員が来たらその方に渡すのがいいかと思います。

職場によっては帰宅時間が人によって違ったり、お昼時も外に出ていて渡せないという場合があります。朝であれば出社してきたときは必ず会社内にいますし、チョコを渡すくらいの時間はあると思います。

また、男性もバレンタインだから誰かチョコをくれないかと待っている場合もありますので、朝にサクッと渡してしまいましょう。

最後に

職場での義理チョコはどんなものがいいか悩んでしまうのがバレンタインの日常だと思います。

高額すぎるものも安すぎるものもだめかなと思ってしまいますよね。

ですので、おすすめとしては人数をある程度限定して自分では買うか買わないか悩むくらいの少し高いチョコを渡すのがいいかと思います。

もちろん義理ですので恋愛的な感情はないと思いますが、日ごろの感謝を伝えるいい場面だと思います。バレンタインを上手に使っていつもお世話になっている方にお礼を言うのもいいと思いますよ。

それでは、
最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク