最近では省電力のためにLEDにしている人もいると思いますが、まだまだ蛍光灯の需要は高いですよね。

家の中が蛍光灯とLEDどっちも使っている方もいると思います。

そんな今だよく利用されている蛍光灯ですが、新品に交換してもチカチカしていることがありませんか?

意外とチカチカしているままにしている方や、そもそも気づいていない方も多いです。また気づいていても直し方がわからない方もいらっしゃいます。

そこで、今回は蛍光灯のチカチカを直す方法について紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

蛍光灯を新品に交換してもチカチカする原因は?

チカチカし始めたからと蛍光灯を新しいものに変えたら、そっちもチカチカしているなんてことありませんか。

これは新しく買った蛍光灯が不良品だったというわけではないんです。

意外と多いこの現象ですが、原因がわからない方も少なくないと思います。実はこれにはいくつかの原因があり、直すこともできるんです。

グロー球に問題が?

まず一番の原因としてはグロー球が切れている場合です。

これは蛍光灯のタイプにもよるんですが、蛍光灯のスイッチを入れたら徐々に明かりがつくタイプはグロータイプになります。

蛍光灯がついているカ所の近くに小さい球がついています。それがグロー球です。

これは蛍光灯を点灯させるためのもので、基本的には蛍光灯の倍の寿命があります。ですので、蛍光灯と同時期に変えたらだいたい2回目の交換と同時に変えるのが目安ですね。

意外とグロー球は忘れられていることが多いので、チカチカしてきたなと思ったらまずはグロー球から確認してみてください。

安定器に問題が?

これ以外に考えられることとしたら蛍光灯の安定器が故障している場合です。

安定器は蛍光灯を正常に動かすために必要不可欠な部品なんですが、個人で修理するのは難しいです。蛍光灯を新品に変えてグロー球のせいでもない場合は業者に点検してもらうのが一番かと思います。

もし安定器が故障しているなと思ったら点検をしてもらいましょう。


スポンサーリンク

蛍光灯のチカチカは電気の無駄?!放置せず早めに交換しよう!

蛍光灯がチカチカしている場合すぐに修理した方がいいのは、正常な状態で使うのが一番というだけではありません。

実はチカチカしている蛍光灯は通常の蛍光灯よりも2倍から3倍の電気代がかかるとされているんです!

電化製品は基本的に電気をつけたり消したりするときに一番大きな電力を使います。ですので、チカチカしているということはずっと電気をつけたり消したりしている状態になります。

この状態の蛍光灯を放っておくと、仮に節電していたとしてもその蛍光灯がついていれば節電が無駄になってしまいます。

もし自分の生活圏内の蛍光灯がチカチカしている場合はすぐに交換しましょう。

家の中の蛍光灯は電気屋さんに行けば売っているので、早めの交換や修理を心掛け、極力無駄な電力を削減したいですね。

また、電気をチカチカしていると経年劣化も早くなってしまいます。

蛍光灯だけでなく、蛍光灯を付ける部分の部品の劣化も早くなってしまいますので、思い切って変えちゃった方がいいですね。

最後に

蛍光灯を新品に変えてもチカチカしている。

不良品を買ってしまった!と思うのが先ですよね。ですが、蛍光灯が大丈夫でもほかの部分がダメだとチカチカしてしまうんです。

新品を買ってきたのに直らないからいいや、そう思っている方もいらっしゃいますが、簡単に直すことができる場合もあります。

あきらめずに原因を探してみましょう。

またどうしてもチカチカが直らない場合は業者に頼むのが手っ取り早いですね。電気代もかかってしまいますのでそちらがおすすめです。

いつでも蛍光灯を直せるように、自分の家の蛍光灯はどんなタイプなのかを事前に把握しておくことも大切ですね。


スポンサーリンク