日本人に愛され続けている生魚、特にお寿司やお刺身やよく食べる、好きなものとして挙げる人も多いです。

そんなお刺身ですが、よく聞く表現が、お刺身とお造りの二つがありますよね。

同じものを指しているようにも思えますが、違いがわかるという方は少ないんじゃないでしょうか。

そこで、今回はお刺身とお造りの違いについて紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

「お刺身」と「お造り」の違いとは?

料理が違うイメージがあるお刺身とお造りですが、この違いは言葉ができた地域の差に由来があります。

生魚をお刺身にして食べるという習慣は古く江戸時代にできました。

当時は侍がいる武家社会だったので、お魚を切ったものを切り身、という風に名前を付けるのが縁起が悪いとされていました。

ですので、関東での生魚の切り身はお刺身という名前に変わったという経緯があるんです。

お造りに関しても同じ理由で関西で生まれた言葉になります。

お刺身という言葉も伝わってはいたのですが、刺すという字も縁起が悪いとされてお造りになったといわれています。

つまり

  • 関東・・・刺身
  • 関西・・・お造り

 
この二つは現代では地域差はありませんが、料理の差で分けられるようになりました。

お刺身は一般的に想像される魚の刺身でも言われますし、魚に限らず生の状態で一口大の切り身にしたものも刺身といわれるようになりました。馬刺しやこんにゃくなどもその一つですね。

そしてお造りですが、単純な切り身ではなくひと手間加えられたものをいうことが多いです。

こぶ締めされたものなんかはお造りといわれることがありますね。

また、魚の頭や尻尾を飾りとして使って飾りつけされている場合にもお造りといいます。

ルーツ自体に違いはないんですが、時代が変わると意味も変わるいい例の言葉ですね。


スポンサーリンク

「あらい」や「たたき」の違いは?

魚関連でいうと、あらいやたたきといった料理名もありますよね。

惣菜などでもよく見かける言葉ですが、これらにももちろん違いがあります。

あらいとは?

まずあらいについてです。

あらいは白身魚、例えばタイやスズキを刺身状に切って冷水に通す料理のことを言います。

こうすることで食感が本来の生魚のものではなく、コリコリとした食感になる料理に代わります。また、余分な脂も落ちるので刺身の脂が苦手な方でも食べられるようになります。

つまり、冷水につけるという工程から、あらいという料理名がつけられているというわけです。

たたきとは?

次にたたきです。

たたきは基本的に青魚を叩いて調理する料理に使われる名前になります。

ネギやショウガ、みそなどと一緒にあえて、細かく切る料理は見たことがある方も多いと思います。なめろうといういい方をされることもありますね。

主にイワシやアジなどで作られることが多いです。

たたきはこれら以外にもあぶったものを指す場合もあります。たとえばカツオのたたきがそうですね。

これらは同じ名前ではありますが、違う料理なので気を付けてください。

最後に

魚料理は古くから名前が付いているものが多く、長い時代で定着しています。

今回紹介したお刺身とお造りに関してはその典型ですね。

本来の意味はどちらも変わらないのですが、年月が経つことで刺身は単純な切り身、お造りは手の込んだ料理という違いが出てきています。

確かにお造りというと、魚の頭や尻尾も使われた豪勢なものといイメージがありますよね。逆にお刺身はスーパーで売っているようなものを思い浮かべると思います。

また、たたきやあらいに関しても、その名前を単体で聞いたらわかりにくいですが、食べたことがある方も多いと思います。

お魚料理はたくさんの種類がありますが、それぞれに特殊な名前や小さな違いから名前を分けられていることが多いです。覚えておくと自分で作る際にも便利ですね。


スポンサーリンク