ポスターや装飾の色付けに使われることの多いアクリル絵の具。

塗装する絵の具にはアクリル絵の具とアクリルガッシュがありますよね。

似ている二つの塗料ですが、これらには違いがはっきりあって使い分けも大切になってきます。

そこで、今回はアクリル絵の具とアクリルガッシュの違いについて紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

アクリル絵の具とアクリルガッシュの違いは?

どちらもアクリル製の塗料ではありますが、意外と何が違うかわからない方も多いと思います。

まずなによりも違うのは描いた際の色の付き方です。

アクリル絵の具は筆を使って描いたときにその軌跡も描かれます。ですので、複雑な絵を筆で描いた際に幾何学模様のような不思議な絵を作りやすい絵の具になっています。言い方を変えると、塗りムラができやすいということになります。

また、透明感があり下に塗った色の影響がよく出ます。

自分が意図しないような筆跡や塗りムラ、色の重なりを利用した雰囲気の絵を描きたい場合には絵の具を使うことが多いです。

それに対してアクリルガッシュは均一に絵を描くことができます。

アクリル絵の具のような軌跡が描かれることはありませんので、塗りムラになりにくく、自分が思った絵を正確に描くことに向いている絵の具です。

 
下に塗った色を覆い隠す力(隠蔽力)が強いのも特徴です。

また、アクリル絵の具よりもたくさん顔料を使って作られている塗料でもあるので、アクリル絵の具よりも発色がいいです。水に濡れている状態では深みのある色になりますが、乾くときれいな色になります。

蛍光色のようなタイプではなく粉っぽい色という点もアクリル絵の具にはなく、アクリルガッシュの特徴ですね。

自分が思ったような絵を書きたい、ムラなく色をのせたいときには、アクリル絵の具よりもアクリルガッシュを使うのがいいと思います。

アクリル絵の具とアクリルガッシュは名前は似ていますが塗料のタイプは違います。

ですので適している絵と適していない絵がこの二つの塗料では違いますので、どういう絵を描きたいかでどっちの塗料を使うか決めるのがいいと思います。


スポンサーリンク

アクリル絵の具の特徴と使い方のポイント!

では具体的にアクリル絵の具にはどんな特徴があるのかを紹介していきたいと思います。

アクリル絵の具のなによりも特徴としては透明感がある絵の具という点です。

ですので、先に描いてあるものの上にさらに描くことで、複雑な色合いや深みを出すことのできる絵の具になります。

また、付着する力が強い絵の具でもありますので、紙以外のところにも描けるのが特徴的です。木の板はもちろんのこと、ガラスや布、コンクリートにも色を塗ることができます。

ですので、塗装することにも向いている塗料なんです。

使い方でのポイントは、なによりも早く描き終わることです。

アクリル絵の具は出したときは水溶性ですので塗りやすいですが、すぐに乾く性質を持っています。そして一度乾いてしまうと取れないですし、パレットにおいてある状態で乾いてしまうと使えなくなってしまいます。

ですので、アクリル絵の具を使った作品を作りたい場合、塗装やデザインをしたい場合は先にどんなものを描くか明確に決めておくのがいいと思います。

そうすることで、実際に描く場合にアクリル絵の具が乾く前に描き上げることができます。

逆にすぐに乾いてほしい場面や、描いたらすぐにそのものを使いたい場合には便利です。乾く時間が短いので急いでいるときに重宝するのもひとつの活用法だと思います。

最後に

ポスターなどのデザインに使われることのあるアクリル絵の具、そしてアクリルガッシュ。

似ている名前ではありますが、結構な違いがあることが分かったと思います。

また、アクリル絵の具は乾くのが早く、何も決めていない状態で絵を描き始めると途中で乾いてしまうことがあります。乾いてしまうとやり直しが効きませんし、パレットに出している分が固まってしまっては新しいものを出さなくてはいけません。

アクリル絵の具を使う際にはなにを描くか事前に決めてから書き始めるようにしましょう。


スポンサーリンク