お刺身をスーパーで買ったときや居酒屋で頼んだ時、数個の黄色い花が添えられていますがあれは何かご存知ですか?

最初は何だろう?と思った人もいるかと思いますが、気付けばその光景が当たり前になっていて何で添えられているのかなど気にならない方がほとんどでしょう。

一見たんぽぽのように見えますが、あの黄色い花は「菊」です。

お刺身だけ食べて菊は捨ててしまう人が多いと思います。ですが、わざわざいらないものを添えるはずがありませんよね。

菊が添えられていることには意味があり、あの菊は食べることができるのです。

なぜ菊がお刺身に添えられているのか、食べる場合はどのようにして食べれば良いのか、お刺身のことをより一層深く知って、もっと美味しく食べていただけたらと思います。


スポンサーリンク

お刺身に菊がついているには訳がある!実はこんな効果が

菊は平安時代に中国から伝わり、薬味として使われていました。

そうなのです。菊は「薬味」の役割をしているのです。

お刺身を食べるときはわさびを付けるように言われたことはありませんか?

わさびには食中毒を防ぐ効果があるからです。菊にも同じ効果があるんですよ。

今は冷蔵庫が当たり前にある時代ですが昔はもちろん冷蔵庫なんてありませんでした。生ものは腐りやすいので菊を添えることによって細菌防止をしていたんですね。

また、菊のにおいは虫をあまり寄せ付けないので、虫がお刺身についてしまう心配もありません。

見栄えのために添えてあるようにも見えますが、菊には食を守る効果があるんですね。

そして、薬味であるという事は、食べることができるということ。では、あの菊はどうやって食べればいいのでしょう。

お刺身についている菊、正しい食べ方があるんです

菊には食中毒を防いだり虫を寄せ付けない効果があることをお話ししました。

一番気軽に食べやすいのは、菊を薬味にしてお刺身と食べることです。

わさびが嫌いな方は醤油を垂らした上に菊の花びらを散らして刺身を付けて食べると効果的です。もちろんわさびとともに食べていただいても構いません。

お刺身に添えてある菊は「食用菊」と呼ばれています。

食用菊にはビタミンが多く含まれており、血行促進や疲労回復効果があるのです。

「食用菊、興味があるけどどうやって食べたらいいんだろう・・・」と迷っている方は、まずお刺身と一緒に食べてみましょう。わさびとはまた違った味わいが楽しめますよ。

また、天ぷらや酢の物としても食べることができます。

「でもわざわざお刺身に添えてある菊を取っておくのは面倒」って思った方、いませんか?

スーパーには食用菊が単品で売られています。あまりメジャーなものではないので必ず売られているとは限りませんが、だいたい500円~少し高めの値段で売られています。

栄養価も高くシャキシャキとした歯ごたえもあるので、新たに料理の一品として取り入れてみてはいかがでしょうか。

最後に

菊には食中毒を防ぐ効果があり、薬味として使用することができます。

またビタミンが多く含まれており栄養価が高く、血行促進や疲労回復効果があることが分かりました。

私たちが普段見ているものは食用菊です。お墓に供えられている菊とは違います。くれぐれも食用菊以外の菊は食べないようにしてください。必ずしも安全とは言えません。

お刺身に付ける、天ぷら、酢の物などまだあまり食用菊を食べる文化は広がってはいませんが、気になった方はチャレンジしてみて下さいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク