涼しい季節になってくると車のドアを開けたりする際に静電気が起こりますよね。一回だけの時もあれば数回連続で静電気が起こることもあります。

ドアでパチッ!人の手に手が当たってパチッ!上着を脱いでバチバチッ!

あんまり頻繁に静電気が起きるものだから、「私って静電気がたまりやすい体質なのかな・・」とうんざりしている方も多いのではないでしょうか。

そしていつの間にか「ここを触って静電気が起こったら嫌だな・・・」と袖を手元まで引っ張りあげてドアを開けたりしていることはありませんか?

これらの静電気の原因は何なのか、起こりやすい人、またはそうではない体質があるのか、詳しくお話していきたいと思います!


スポンサーリンク

静電気がたまりやすい人ってどんな人?パチッとなる原因とは?

そもそも静電気とは何かご存知ですか?

この世のありとあらゆる物や私たちの身体には電気が存在しています。

電気にはプラスとマイナスがあり、物体の中に均一に散りばめられていています。

ところが物体同士が触れることによって中に存在しているプラスとマイナスが相手の中に入り込んでしまうことがあるのです。そうすると片方の物体にはプラスが多く、もう片方の物体にはマイナスが多くなってしまいます。

なんらかの原因でこの乱れが発生したときに静電気は起こるのです。それがパチッとなる原因です。

では、なぜ乾燥する季節に起きやすいのでしょう。

原因は湿度にあります。

湿度が高ければ高い程、空気中の水分を伝い物質内の電気の移動が速まるので静電気はさほど感じられなくなります。

しかし湿度が低いと移動が遅くなって敏感になり静電気を感じることになるのです。

つまり乾燥している季節だけでなくどんな季節にでも静電気は起きているのです。それを私たちが感じていないだけなんですね。

乾燥する季節に静電気が起こりやすい理由が分かったところで静電気を起こしやすい人の特徴が分かりました。

ずばり乾燥肌の人です。

乾燥肌の人に静電気起こりやすい理由は?

水分が少ないと静電気の移動が遅くなるということは静電気が身体に存在している時間が長いということです。

これは身体に静電気をためている状態になります。

これでは何かの物質と触れ合うたびに静電気を起こしかねません。何度も静電気を感じてしまうのは体内に静電気をためている可能性が高いのでしょう。

静電気をためておくと体調不良を起こしたり冷え性になってしまうこともあります。

では、ためこまないようにするにはどうすればよいのでしょうか?


スポンサーリンク

静電気がたまりやすい体質を改善する方法

水分をとろう

水分が足りない時にすべきことはまず、水分をたくさんとることです。夏は汗をかくため水分を自然と摂取しますが、冬場はあまりとらない方が多いと思います。

なるべく積極的に水分をとることを心がけましょう。

運動しよう

運動をすることも大切です。

運動をすれば冬でも自然に汗が出てきます。次第に水分をとることにも繋がりますね。また、身体を動かすことで血の巡りが良くなり健康にも最適です。

一番良くないことは寒いからといって水分をとらずじっとして動かないことです。

温かい飲み物をたくさんとって運動を適度にして身体を温めていきましょう。

肌を保湿しよう

そしてスキンケアも忘れてはいけません!

お風呂からあがったら保湿クリームを塗ったり、化粧水をいつもよりもたっぷりつけたりして乾燥を防ぎましょう。

出かけるときはハンドクリームをつけることも忘れないでくださいね。

肌の乾燥はそんなに気にならないけど、それでも静電気がバッチバチ!なあなた、一度お召しの衣類をチェックしてみてください。もしかして繊維の種類が原因なのかも?!

まとめ

少し難しい内容でしたが、静電気が起こる原因や起こりやすい体質についてお話ししました。

何が大事かは上記で述べた通り「水分」の存在です。

乾燥肌の方は静電気を身体にためこみやすいので、たくさん水分をとって運動をしましょう。静電気を引き起こす原因もなくなり、身体にとっても良いことだらけです。

乾燥してきたな、と感じたら是非実行してみてくださいね。


スポンサーリンク