魚などの生ものが送られてくる際、保冷剤としてドライアイスが入っていることがありますよね。

食材を冷やすのにとても使い勝手のいいドライアイスですが、どうやって処分するのがいいか悩んだことはありませんか?

冷たすぎてどうすればいいかわかりませんし、なにより送りものに入っているのが初めて触る機会という方も少なくないと思います。

そこで、ドライアイスの捨て方や注意点の詳細を紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

ドライアイスの捨て方は?放置が一番?

ドライアイスの捨て方はどうすればいいんだろう?そう悩んでいるときにもし手元にドライアイスがあるなら見てみてください。

時間がたつにつれてどんどん目減りしていませんか。

というのもドライアイスはマイナス79度以下で溶けてしまいます。そして、氷との一番の違いは解けたら水になるのではなく気体になる昇華、という性質を持っているんです。

ですので、場所をとることなくドライアイスの処分はできてしまいます。

簡単に処分したいのでしたら、ドライアイスが入っていた容器をそのままベランダなどの外において放置しておくのがいいと思います。

外の方が気温が高いですし、邪魔にもなりませんのでおすすめですよ。

ドライアイスを処分するときは邪魔にならない位置で放置するだけと覚えておきましょう。

ドライアイスを捨てるとき、お湯をかけたら早く溶ける?

ドライアイスを溶かすためにお湯をかける、冷たいんだから温かいものをかけるのが手っ取り早いと思いますよね。

ですが、この方法は良くない方法なんです。

というのも、ドライアイスは氷よりも温度の低い物体です。あまりにも温度差のあるものをぶつけてしまうと、ドライアイスが爆発してしまうこともあります。

ドライアイスが飛び散って危険ですので、やらないようにしてください。もしどうしてもやりたい場合でしたら、お湯ではなく水をかけるのがいいと思います。

水であればそこまで温度差がないですし、ドライアイスなら水でも十分溶かすことができます。すぐに溶かしたい方はお湯ではなく水を使ってみてください。

ですが、多くの人は別に急いでドライアイスを溶かす理由もないと思いますので、基本的には勝手に溶けるのを放置して待っておくのが一番無難だと思います。

処分する際の参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク

ドライアイスの危険性!処分の際には要注意

ドライアイスに水をかけたり放置したりして処分する場合、注意しなくてはいけないことがあります。

それは、溶ける際に発生する二酸化炭素です。

ドライアイスは普通の氷のように水が発生するわけではなく、二酸化酸素が気体となって発生します。二酸化炭素は少し吸う程度でしたら問題ありませんが、そればかりになってしまうと酸素不足になり、二酸化酸素中毒になってしまいます。

ですので、処分のためにドライアイスを置く場所は常に換気をしておく必要があります。

また、ドライアイスを溶かす場合、白い煙が地面を漂います。

これはすべて二酸化炭素になりますので、ハイハイして歩く赤ちゃんなど地面の近くで呼吸している場合はとても危険です。処分する場所が適切かどうかを考えてから処分しましょう。

最後に

ドライアイスは使ったことがある方が意外と少なく、その使い方や処分方法がわからない方が多いです。

ドライアイスは基本的に冷たい保冷剤としての役割があるだけですが、温度が低すぎて素手では触れない。二酸化炭素を発生させているという事実を忘れがちになってしまいます。

ですが、扱いを間違えてしまうと凍傷になったり、あるいは息苦しくなってしまうことがあります。

換気ができている場所や屋外に放置しておくなど、正しい処分方法で害のないように心がけてください。


スポンサーリンク