「ココアじゃなくてミロがいい!買ってきて!」「ココアでいいじゃない。同じでしょ?」

先日、小学生の息子さんがいる知り合いの女性がお子さんとの間であったやりとりについて話してくれました。

彼女は結果的には息子さんの粘りに負けてわざわざ買いに行ったそうですが、最後までココアとミロで何が違うのかもやもやしていたんだとか。

皆さん中にも「何が違うのか?」と疑問に感じた経験がある方もいるのではないでしょうか?今日はその違いについて見ていきましょう。


スポンサーリンク

ミロとココアはどう違う?栄養の違いは?

ではまずそれぞれの違い(定義)を見ていきます。

まず「ココアの原材料=カカオ」「ミロの原材料=麦芽というそもそもの大きな違いがあるんですね。

ココアは、ココアパウダー(カカオ豆の胚乳を発酵・乾燥・焙煎・粉砕して、冷却・固化したカカオマスから脂肪分であるココアバターを搾った残りを粉末にしたもの)に砂糖や粉乳を加えた粉末の“調整ココア”や、“調整ココア”を牛乳やお湯に溶かした飲料のことを言います。

対してミロは、麦芽飲料(麦芽とは大麦を発芽させた麦粒のことで、その麦芽エキスを主成分にした飲み物)です。

ミロは原材料の中にココアパウダーが含まれているためココアの味は確かにしますが、あくまで“ココア風味”の飲料です。

では栄養面ではどうでしょうか?

結論から言うと「ミロの方が含む栄養素の種類が多い」です。

まずココアの主成分はカカオポリフェノールで、ポリフェノールには強い抗酸化作用があり血糖値の抑制や血流の促進などの効果があります。

その他にも、リラックス効果があるとされるテオブロミンや食物繊維のリグニン、カルシウムやマグネシウムなどの微量ミネラル類も含んでいます。

対するミロは、既に述べたようにココアが原材料の1つであり、その他にもビタミンA・ビタミンD・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・カルシウムや、麦芽エキスに含まれるタンパク質といった栄養素がある飲料です。


スポンサーリンク

冷蔵庫に牛乳がない!ミロは牛乳以外でも飲めるの?

ではそんな多くの栄養素を含んでいるミロですが、普段飲む時はどうやって飲んでいますか?

一番多いのはやはり“牛乳”でしょう(*^^*)

では、もし家で牛乳を切らしてしまっていたら?買いに行く時間がなかったりスーパーが近くになくてすぐ買えない・・でも飲みたい!

そんなミロファンのあなたに牛乳以外のレシピを紹介します。

一番簡単・お湯

まずはお湯で溶かすとホットチョコレートのようになっていいですよね。牛乳に比べると正直ちょっとコクに欠けるので、濃いめに作るのがおすすめです。

冷蔵庫にあったら・・豆乳

次に豆乳もいいでしょう。

牛乳より若干まろやかになり、豆乳が苦手な方でも飲みやすくなります。豆乳は温めても冷たいままでもOKですよ。さらにそこにバナナを加えてもいいですね。

これも美味!ヨーグルト

またはヨーグルトに溶かしてラッシー風にしてもいいと思います。

とろりとしたココア風味のラッシーはデザート感覚ですね。お子様のおやつにもおすすめです。

おすすめ!大人のミロ

さらに、クリームパウダー&シナモンという組み合わせもあります。

これは複数の主婦の方から聞いたレシピですが、けっこう好評で完全に牛乳派からクリームパウダー&シナモン派になった人もいるみたいです。

シナモンが香る、大人が楽しめるミロですね。

ミロにクリームパウダーとシナモンを入れ、お湯で溶くだけの簡単レシピです(*´ω`*)

スイーツを作る!

そして飲むだけでなく“食べる”という方法もありますよ。

例えば寒天に混ぜてみたり、パンケーキに混ぜて焼いてみるなんていうレシピを考えた人もいるようです。

いや~面白いですし美味しそうですよね。


スポンサーリンク

ミロは大人も飲める

さてココアとミロの違いがお分かりになったでしょうか?

ココアは砂糖などいれない限り甘くはないので、皆さんの中にはココア=大人の飲み物で、一方ミロは麦芽がそもそも本来甘さを含むものなのでミロ=子供の飲み物というイメージがあるかもしれませんね。

そう考えると子供が甘い方を選ぶのもうなずけるかもしれません。

しかしミロは豊富な栄養素を含んでいるので、日々栄養に気を付けている大人の方にもおすすめの飲料です。

例えば、朝のコーヒー代わりにホットのミロを飲めば、身体も温まって栄養補給にもなります。ぜひ、取り入れてみてくださいね。

最後に

ミロとココアの違いは、

  • ココア・・原材料がカカオ
  • ミロ・・・原材料が麦芽

栄養についてはミロの方が、ビタミン類やカルシウム、タンパク質など、より多種の栄養が含まれている。

 
このような違いはありますが、どちらも美味しい飲み物ですから最終的には好きな方を飲むのが一番だと思います。

牛乳で溶くだけでなく色んな楽しみ方ができるので、ミロって子供の飲み物でしょ?と思っていたココア派の方も、お子さんがミロを飲むときに一緒に試して見てください。新しいお気に入りが見つかるかも(・´з`・)

ただ、飲み過ぎには注意して下さいね。

最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク