毎朝外に干している洗濯物、いつ頃取り込めば一番いいののか知っていますか?

日中家にいる場合は、洗濯物の乾き具合を見ながら取り込むことができます。

しかし、外出予定がある場合や日中働いている場合は、何時頃に取り込めばよいのか、その時間に取り込めず遅くなる場合はどうすればよいのか気になりますよね!

そこで、洗濯物を取り込むベストな時間や遅くなる場合の対策について紹介します。

これからの洗濯の際、参考にして下さい!


スポンサーリンク

洗濯物を取り込むベストな時間は?冬と夏とで違いはある?

洗濯を取り込むのに適した時間は、

  • 夏・・・15時半頃
  • 冬・・・14時半頃

 
洗濯物を乾かすのに適した環境としては、太陽の日差しがあること、気温が高いことが重要となります。よって洗濯物を乾かすのに適した時間としては、気温が高い太陽の日差しが強い昼間の時間になります。

夏と冬とでは太陽が出る時間、沈む時間が異なりますよね。

干し始める時間についても、あまり朝早く干しても、太陽が出始めた早朝は湿度が高いので、逆効果になってしまいます。

仕事に行かなければならない場合は仕方ありませんが、夏は朝8時半以降、冬は朝9時以降に干し始めるのがよいでしょう

そして、太陽が沈みかけてくると、空気に湿気が混ざりはじめてきます

せっかく乾いた洗濯物が再び湿って半乾きになる可能性があります。なので、夏は15時半頃、冬は14時半頃までには取り込むのがベストなんです。

私は結婚した当初、夜になると湿気を含むということをあまり考えていなかったので、洗濯物は長く干していると乾くと思っていました。 

冬はあまり洗濯物が乾かないからと18時頃まで干しているときもありましたが、全然乾いていないときがよくありました。

冬だから乾きにくいとは思っていましたが、湿度によって、乾いた洗濯物が再度濡れていたのかもしれません。

冬でも夏でも、早めに取り込んだほうがよく乾いているときがあるので、これからは注意してみて下さい!


スポンサーリンク

洗濯物を取り込むのが仕事で夜になるときは?

洗濯物を取り込むベストな時間が夏は15時半頃、冬は14時半頃だとわかっていても、仕事をしている場合はなかなかその時間に取り込めないと思います。

そのような場合は夜に洗濯物を取り込んでも、完全に乾いている場合は、もちろん問題ありません。そのまま畳んで収納しましょう。

しかし、まだ湿っている場合は、それからは部屋干しに切り替えるようにしましょう。それ以降は湿度が高いので外に干していてもあまり乾きません。

夏などで洗濯物が大体乾いている場合は、1~2時間ほど部屋干しをしていると完全に乾きます。

冬などでまだまだ乾くのに時間がかかる場合は、浴室乾燥を利用したり、浴室乾燥がない場合は扇風機をあてて乾かすとより早く効果的に乾かすことができます。

また、アイロンを利用することによって半乾きを防ぐこともできます。

半乾きのまま洗濯物を畳んで収納してしまうと、菌が繁殖して他の衣類にまで嫌な臭いがついたり、それらの菌が肌荒れの原因になったりもします。

必ず完全に乾いてから畳むようにして下さいね。

部屋干しのイヤな臭いを防ぎたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

最後に

今回は洗濯物を取り込む時間について紹介しました。

夏でも冬でもあまり意識せず、同じ時間に洗濯物を取り込んでいる人も多いのではないでしょうか。しかし、特に寒い冬は夜になると湿度が高くなり干していても逆効果になります。

洗濯物を干すのにベストな時間は、

  • 夏は8時半~15時半頃
  • 冬は9時~14時半頃

 
これから来る冬は特に注意して、早めに洗濯物を取り込むようにして下さい。

仕事をしている場合は、なかなかその時間に取り込むのは難しいとは思います。それは仕方がないことなので、あまり気にする必要もありません。

乾燥機や扇風機、アイロンなどを使って、取り込んだあとに完全に乾かすように室内で干してみて下さいね!


スポンサーリンク