7月から8月にかけて、取引先の会社から
お中元が届くこと、多いですよね。

 

そんな時、必ず行わなければならない事、
何か分かりますか?

 

それは・・・

 

 

「お礼状」を出す事です。

 

 

今、この記事を見てる方の大勢は、
おそらく上司から

 

「お中元のお礼状書いて下さいね。」

 

こう言われているはずです。

 

ただ、初めてお礼状を書く人だと

 

「お礼状の書き方(マナー)なんて、さっぱり分からない!!」

 

となってしまいますよね。

 

当たり前ですが、一度も書いた事がないのに
書き方(マナー)を守って書けと言われても無理な話です。

 

 

「知ってるんなら あなた(上司)が書いてよ~」

 

 

その気持ちは十分に分かります。

 

ただ今回はそういう気持ちは胸にしまって、
これから書いていくお礼状の書き方を
参考にして下さい。

 

ちゃんとビジネス向けの文章(※)になっていますので安心ですよ♪

※ビジネス向けで、特定の担当者に出す場合でなく

会社自体にお礼を出す場合の文章です。

 


スポンサーリンク

 

 ビジネス向けのお礼状(対 会社)の文例

 

早速ですが、取り急ぎでお礼状の文例を探している方は

                ま       所       い   ま           拝 
                ず   末   存   皆   た   こ   さ   平   啓 
        七       は   筆   で   様   だ   と   て   素     
        月       御   で   す   の   き   に   ` は   大 
        二       礼   は   °  お   ` あ   こ   ひ   暑 
        〇       申   ご   何   心   あ   り   の   と   の 
        日       し   ざ   卒   づ   ま   が   た   か   候 
                上   い   ` く   り   と   び   た   `
                げ   ま   変   し   の   う   は   な   貴 
                ま   す   わ   に   お   ご   ご   ら   社 
                す   が   ら   お   い   ざ   丁   ぬ   ま 
                °  ` ぬ   応   し   い   重   ご   す 
                    貴   ご   え   さ   ま   な   厚   ま 
                    社   指   す   に   し   お   誼   す 
                    の   導   べ   一   た   品   を   ご 
                    ま   の   く   同   °   を   賜   発 
                    す   ほ   ` 心         頂   り   展 
                    ま   ど   弊   か   さ   戴   ` の 
  代 岩               す   よ   社   ら   っ   い   厚   こ 
  表 見               の   ろ   は   喜   そ   た   く   と 
  取 商               ご   し   社   ん   く   し   御   と 
  締 事               発   く   業   で   ` ま   礼   お 
  役 株               展   お   に   い   社   し   申   喜 
    式               を   願   邁   る   内   て   し   び 
  波 会               心   い   進   次   で   ` 上   申 
  川 社               よ   申   し   第   賞       げ   し 
  一                 り   し   て   で   味       ま   上 
  郎         敬       お   上   ま   す   さ       す   げ 
            具       祈   げ   い   °   せ       °  ま 
                    り   ま   る       て           す 
                    し   す                       °
                    `  °

 

引用元:お礼の手紙とはがき文例集 川崎キヌ子監修 日本文芸社

上記の文例を添削して作成して下さい。

 

・ポイント

ビジネス向けでは、知人や家族への文章より
改まった形式にするのがマナーです。
 
名前を書くときは、自分の会社名と
所属部署を加えることを忘れないようにして下さい。
 
ただし、文例のように名前を社長などに
固定している場合もありますので、
書くときは一度上司に確認してみてください。

 

 お礼状作成のポイント

 

さて、取り急ぎでなく、
しっかり文章の書き方を理解したい方、

これから文例を元に文章作成の
ポイントを押さえていきますので見ていって下さい。

 

まずは先ほどの文例です。

                                                 
                ま      所      い   ま          拝 
        七       ず   末   存   皆   た   こ   さ   平   啓 
        月       は   筆   で   様   だ   と   て   素     
        二       御   で   す   の   き   に   ` は    
        〇       礼   は   °  お   ` あ   こ   ひ   大 
        日       申   ご   何   心   あ   り   の   と   暑 
                し   ざ   卒   づ   ま   が   た   か   の 
                上   い   ` く   り   と   び   た   候 
                げ   ま   変   し   の   う   は   な   `
                ま   す   わ   に   お   ご   ご   ら   貴 
                す   が   ら   お   い   ざ   丁   ぬ   社 
                °  ` ぬ   応   し   い   重   ご   ま 
                    貴   ご   え   さ   ま   な   厚   す 
                    社   指   す   に   し   お   誼   ま 
                    の   導   べ   一   た   品   を   す 
                    ま   の   く   同   °  を   賜    ご 
                    す   ほ   ` 心       頂   り   発 
  代 岩               ま   ど   弊   か   さ   戴   ` 展 
  表 見               す   よ   社   ら   っ   い   厚   の 
  取 商               の   ろ   は   喜   そ   た   く   こ 
  締 事               ご   し   社   ん   く   し   御   と 
  役 株               発   く   業   で   ` ま   礼   と 
    式               展   お   に   い   社   し   申   お 
  波 会               を   願   邁   る   内   て   し   喜 
  川 社               心   い   進   次   で   ` 上   び 
  一                 よ   申   し   第   賞       げ   申 
  郎         敬       り   し   て   で   味       ま   し 
            具       お   上   ま   す   さ       す   上 
                    祈   げ   い   °  せ       °   げ 
                    り   ま   る       て           ま 
                    し   す                       す 
                    `  °                      °

 

引用元:お礼の手紙とはがき文例集 川崎キヌ子監修 日本文芸社

 

この文章の書き方、実は5つのポイントがあるんです。

・ポイント

  1. 拝啓と敬具の書き方
  2. 時候の挨拶と相手の様子を伺う言葉の書き方
  3. 贈り物のお礼と感想の書き方
  4. 取引先への心遣いの言葉の書き方
  5. 末文の言葉の書き方

 

上記の書き方のポイントを押さえれば
今後ビジネス向け(対 会社)のお礼状に
困ることはなくなるでしょう。

 

それでは各書き方のポイントを解説していきます。

 

①拝啓と敬具の書き方

 

まず、拝啓と敬具についてですが、
これらはそれぞれ

 

 

頭語と結語という言葉です。

 

 

これらは二つ一組で構成されていて、
必ず文章の最初と最後に書きます。

 

もし文章に「拝啓」を使ったら
必ず最後に「敬具」と書かなくてはいけません。

 

意味合いとしては「こんにちは」と
「さようなら」みたいな感じですね。

 

また、敬具は一行使って下部に書く、
というのがマナーなので注意して下さい。

 

②時候の挨拶と相手の様子を伺う文章の書き方

 

頭語である拝啓を書いた後、
マナーとして書かなくてはいけないのは

 

 

時候の挨拶と相手の様子を伺う文章です。

 

 

時候の挨拶とは、季節に趣きをおく
日本人ならではの挨拶言葉です。

 

時候の挨拶を書くときは頭語の拝啓のあと
一文字空けて書き出します。

 

時候の挨拶は現状の季節(様子)が分かる言葉が入れば
マナー違反の文章にはなりません。

 

ただ、上記文例は時候の挨拶を「大暑の候」と短く書いています。

 

これは、ビジネス向けとしては
あまりこの文章を長文にせず、
どちらかというと次の相手の様子を
伺う文章とセットに書いているからです(※)。

※会社により異なりますので、上司に確認して下さい。

 

次に相手の様子(安否)を伺う文章ですが、
この文章は文字通り取引先の様子(安否)を伺う文章です。

ビジネス向けのお礼状には
まず外せない文章なので注意して下さい。

 

決まった文章は特にありませんが、
文例のような言葉を選んでおけば間違いないでしょう。

 

ところで、①の文章から②の文章までですが
①から②までの文章を「前文」と言います。

 

大事ですので是非覚えておいてください。

 

c312f41266e8cfecd65eff935db60948_s

 

③贈り物のお礼と感想の書き方

 

さて、ここからが文の書き手の腕の見せ所です。

 

相手の様子(安否)を伺う文章が終わったら、
次は贈り物のお礼と感想を書きます。

 

ここはいわゆる「主文」と言われる文章にあたり
文字通り文章の主役になるところです。

 

ここで今回のお礼を心をこめて書きましょう!

 

主文はまず最初に、

 

「さて」「ところで」

 

といった言葉で始めます。

 

これは読み手に

 

「これから主文が始まります」

 

と教える意味合いがあります。

 

そして、「さて」や「ところで」で切り出した後、
まずは贈り物に対するお礼を述べます。

 

お礼を述べたら、贈り物に関する感想を書いて下さい。

 

④取引先への心遣いの文章の書き方

 

贈り物のお礼と感想を書いたら、
取引先への心遣いの文章を書きましょう。

 

ただ、ここの文章は上記文例に似せた
文章を書けば良いです。

 

また、「変わらぬご指導--」の文章も
よく見かけると思います。
この文章も、そのまま使っても良いですね。

 

⑤末文の文章の書き方

 

取引先への心遣いの文章が終われば
いよいよ最後の文章です。

 

最後の文章はいわゆる「末文」といわれ
この文章を最後の文章にし、結語である「敬具」で締めます。

 

ビジネス向け(対 会社)では主に

 

「末筆ではございますが」や
「最後になりますが」と始めて

 

「今後の発展を祈ります」と書きます。

 

 まとめ

 

以上、お中元のビジネス向けのお礼状のマナーを守った書き方でした。

お礼状の書き方をまとめますと

  1. 拝啓と敬具
  2. 時候の挨拶と相手の様子を伺う文章
  3. 贈り物のお礼と感想
  4. 取引先への心遣いの文章
  5. 末文の文章

以上を文の構成に取り入れて文章にします。

 

ここで、①、②、④、⑤は形式的な文で問題ないです。

 

③に関してはしっかり感謝の気持ちを込めて文章を書きましょう。

 

今回の記事を読んで

 

「お中元のお礼状書いて下さいね。」

と、上司に言われるのが待ち遠しくなれるようになれば幸いです♪

 

それではまた!!

<参考文献>
お礼の手紙とはがき文例集 川崎キヌ子監修 日本文芸社

 

最後までご覧になって下さりありがとうございました♪


もしこの記事が参考になった方は、ぜひぜひシェアして下さい☆

SPONSORED LINK


スポンサーリンク