さて今回は、前回とても好評だった、読書感想文で小学生におすすめの本の、高学年編をお届けします(対象は、小学校4~6年生です)。

低学年編はこちら↓
読書感想文におすすめの本 小学生はこの本がオススメ!! 低学年編

このぐらいの歳になってくると、

「読書感想文なんか書くのめんどくさいな~ (lll-ω-) ドヨォン…」
 
「原稿用紙4枚なんてムリでしょ~(n´Д`)ハー」
 
と、思う子がいたり、
 
「もう、本の内容ほぼ丸写ししかないっ!! ☆Σ(・ω・)ピキーン!!」
 
ってなっちゃって、
 
「コラッ、バレバレだぞ!! (*`Д´)ノ!!!コラッ (n´Д`)アン」
 
って先生に呼び出しくらって怒られちゃう、私みたいな子が出てきちゃいます(丸写しはダメだよ・笑)
 
そんな子が、これから量産されない為にも、感想文が書き易い、おすすめの本を紹介します。
 
また、”このやり方なら超簡単”って感嘆(シャレじゃないです・笑)する、感想文の書き方についても伝授しますね♪
 
それでは本題へ、レッツ・ゴ~ (/・ω・)o レッツゴー♪


スポンサーリンク

おすすめの本① 注文の多い料理店


 ストーリーの分かり易さ
 ★★★
 好奇心くすぐり(わくわく)度
 ★★★★★
 感動(泣ける)度
 ★
 ページ数
 ★

◇あらすじ

森の中、二人の紳士が立ち寄ったレストラン ‘山猫軒’。そのレストランでは、食べ物にありつくまでに、やや不可解な注文を、沢山付けてくるのだが・・・

 
この本は、かの有名な作家”宮沢賢治”の代表作で、私は、この作品が1,2を争うほどの出来だと思っています。

紳士の勘違いっぷりには、ちょっと笑ってしまいますが、読み終わった後は、これはブラックユーモアが冴え渡る作品だなぁと感心します。

子供が読めば(大人が読んでも)、「この後どうなるの? どうなるの?」と、なること間違いなしです!!

ちなみに、ページ数は40ページとなっています。


スポンサーリンク

 

おすすめの本② シートン動物記-オオカミ王 ロボ-

 ストーリーの分かり易さ
 ★★★★★
 好奇心くすぐり(わくわく)度
 ★★★★
 感動(泣ける)度
 ★★★★
 ページ数
 ★★★★

◇あらすじ

コランポー平原に住んでいる、大きなオオカミ、ロボ。ロボはとても賢く、どんな罠を仕掛けても、引っ掛かることがありません。これは、そんな賢いロボと、筆者シートンの知恵比べ、また、メスオオカミの妻ブランカとの深い愛情が描かれた物語です。

 
この本は、シートン動物記の中でも最高傑作で、実話であることも相まって、子供でも感情移入し易いです!!

また、ロボとシートンとの駆け引きは、とてもスリリングで、文章だけで、その緊迫感が伝わってきます!

この本は、読書が苦手な私が、時間を忘れてイッキ読みした事を思い出させますね。

ちなみに、ページ数は141ページとなっています。
 

おすすめの本③ 星の王子様

 ストーリーの分かり易さ
 ★★★★
 好奇心くすぐり(わくわく)度
 ★★★
 感動(泣ける)度
 ★★★★★
 ページ数
 ★★★★

◇あらすじ

サハラ砂漠に不時着した孤独な飛行士「ぼく」と、小惑星からやってきた、不思議な「王子さま」。そして、王子さまの前に現れた哲学者のような「キツネ」。この話は、そんな二人と一匹のふれあいと、「かんじんなこと」に気づく、王子さまのおはなし。

 
すみません、最初に言っておきますが、正直今回の記事は、この本を紹介したくて、書いたようなものです・笑。それだけこの本はおすすめなんです!!

この本は、サン=テグジュぺリの名著で、とっても心温まる物語、かつ色々なことを考えさせられる物語でもあります。

小学生の時、この本で読書感想文を書いたとして、思春期真っ只中の、中学生の時にこの本を読むと、また違った、感想文が書けると思います。子供にとっても、二度おいしいですよね・笑

ちなみに、私は○十歳ですが、今読んでも涙がでちゃいます・笑。いや、今の方がでちゃうのかも知れないです (´;ω;`)ウッ…

最後にページ数ですが、ページ数は133ページとなってます。


スポンサーリンク

 

感想文の書き方

それでは最後に、
感想文の書き方のコツを伝授します!!
 
感想文の書き方(構成)は基本的に

  1. 本を読んだきっかけ(何でこの本を読んだか?)を書く
  2. あらすじを手短(原稿用紙半分以内)に書く
  3. 印象に残った箇所と、なぜ印象に残ったか?の理由を書く
  4. 本を読んだ経験を、これからどう生かすか?を書く

 
以上の構成にすると書き易いです。
 
特に”3”は感想文のメインになるので、しっかり書きましょう♪

とは言っても、中々難しいと思いますので、一つアドバイスをすると、印象に残った箇所は、あらかじめふせんなどで、マーキングしておき、全て読み終わった後で、振り返りが出来るようにしておくと良いです。

そして、振り返りをした時、マーキングした箇所に注釈するように、マーキングした理由をメモしておきましょう。そうすれば、実際に感想文を書くときは、そのメモを写していくだけになります。

ほら、簡単に思えてきたでしょ・笑

 

最後に

以上、小学校高学年向けの、読書感想文におすすめの本でした!!

読書感想文は、子供にとって大きな関門ではありますが、とっつき易い本さえあれば、意外とすんなり書けてしまいます。

是非、今回の本および、感想文の書き方を参考に、夏休みの天敵をバシッっとやっつけちゃって下さい・笑

それではまた!!

最後までご覧下さりありがとうございました♪


スポンサーリンク