ラグとカーペットの違い、あなたは分かりますか?

 

この前、Nトリ(某人気家具屋)に行った時に、

 

「このラグ、すっごいおしゃれだなぁ!!」

 

と私がはしゃいでたのを見て、

 

「えっ、これカーペットでしょ!」

 

と嫁さんが、ツッコミを入れてきました。

 

何を言ってんのよ嫁さん、

これはラグでしょうよ。

 

と、こちらも応戦しようと、

そう思った瞬間、

ハッ、とあることに気づきました・・・

 

「俺、ラグとカーペットの違い、分かんねぇ・・・ 」

 

よく考えたら、私、

ラグとカーペットの違い

よく分かっていませんでした (ノ≧ڡ≦)テヘッ。

 

ちらっ、と嫁さんを見ると、

何か勝ち誇ったかのような顔が・・・

 

ラグカーペットの違いも分からないのかしら、あ・な・た

○十歳にもなって、恥ずかしいわよ~」

 

そんな心の声が、聞こえてきました。

 

「く・く・・くやしぃ~」

 

そう思った私は、自慢の検索術で、

早速ラグとカーペットの違いを、

根堀り葉堀り調べました(フッフッフ♪)。

 

ということで今回は、
ラグとカーペットの違いについて
解説したいと思います。

 

ラグとカーペットの違い、あなたも
今後、恥をかかない様に見ていって下さい。

 

これからは、スラスラ答えられるようになりますよ♪

 

それでは本題にいきましょ~ (/・ω・)o レッツゴー


スポンサーリンク

 ラグとカーペットでは大きさが違う

 

ラグとカーペットでは、大きさの定義が異なり、

それぞれ

・ラグ(rug)

 床に部分的に用いる敷物で、
 1畳から3畳未満の大きさ

・カーペット(carpet)

 部屋全体や、部屋のほぼ全域を
 カバーできるもので、3畳以上の大きさ

 

以上となっています。

 

簡単に言うと

”カーペット”は床の敷物で、

”ラグ”は床の一部の敷物ということですね。

 

ふむふむ、なるほど~・・・
ところで、3畳ってどんくらいなの奥さん?

と突っ込まれそうなので、お答えしますと

 

3畳は、180cm × 270cmぐらいです。

 

ちなみに余談ですが、
1畳未満の敷物は「マット」と呼んでます。

 

あ~確かに、そう言われればそうだよな、
って思った方、おめでとうございます、私の仲間です・笑

 

さて、ラグとカーペットの一番の違いは、
大きさの定義なんですが、

 

まだ他にも違いはありますので、
じゃんじゃん解説しちゃいます♪

 

 他にもある! ラグとカーペットの違い!!

 

大きさ以外での違いとしては、

 

ラグ

  • インテリアのアクセントとして、
    リビングのソファや、テーブルの周辺などに使用する。
  •  

  • 模様のデザインだけではなく、
    形状自体にも、個性的なものがあり、
    また、その種類も豊富である。

 

カーペット

  • 美観保温防音が可能で、
    環境の整備の一つとして使用できる。
  •  

  • ラグに比べ、生地が厚いものが多く、
    歩行時の足元の負担が少ない。

 

以上が挙げられます。

 

うむ、こうやって比較すると、
ラグとカーペットって全然違いますな~。

 

最初は、

 

ラグとカーペットなんて、
「コカコーラ」「ペプシコーラ」ぐらいの違いでしょ、フフ♪

 

なんて思ってたんで、そんな昔の自分に
ドロップキックをおみまいしてやりたいです・笑

 

 最後に

 

以上、ラグとカーペットの違いでした!!

 

これから、Nトリなどの家具屋さんに赴く方、
今回お話したことを、しっかり心に留めておいて下さいね。

 

もし、ラグとカーペットの違いについて、
熱く語っている人を見かけたら、
それ、十中八九で私なんで、生暖かい目で見てあげて下さい・笑

 

それではまた!!

最後までご覧になって下さりありがとうございました♪

SPONSORED LINK


スポンサーリンク