あなたは、台風の時の
対策について、考えたことありますか?
 
私は一時、雨戸が無いアパートに
住んでいたのですが、その期間に、
 
台風が直撃し、何と窓ガラス
「バリンッ」割れてしまいました。
 
その時はもう・・・大変でしたね。
 
まず、台風で窓ガラスが割れてしまったら、
吹き込むと一緒に部屋中に、
 
ガラス破片が、そこら中に飛び散りました。
 
部屋の中に散乱するのは、
ガラス破片だけじゃないですよ。
 
後でまとめなきゃ~なんて、
一時置いてあった家族大切
 
書類が、散らかってしまいました。
 
これが、意外にショックでした、
書類が、びしょ濡れでしたからね・・・
 
また、息子保育園で作ってきた可愛い
うさぎさんの紙粘土が、
 
家具裏側に飛んでいってしまい、
台風が過ぎた直後に、
 
「お父さん!うさぎさんは?」
 
と、言われて探すと、
埃まみれで見つかりました・・・
 
勿論、テレビパソコンなどの
家電製品は全滅でしたよ (´ω`。)グスン
 
そんなこんなで、台風に家をめちゃくちゃに
されてから、私はガラス割れ対策に
 
本気出しました・笑
 
という事で今回は、そんな
台風の窓の対策についてお話します!!
 
それでは本題へ、レッツゴー!!


スポンサーリンク

外側からの窓対策は、どんなことが出来るの?

 
さてそれでは、外側からの窓対策ですが、
 
まず雨戸がついている家であれば、
当然、雨戸閉めるようにしましょう。
 
雨戸がついていない対策には、
外側からベニヤをはりましょう。
 
でもこの時、注意するのは、
マンションなんかでこれをやると、
 
外れてしまった場合に近隣被害
及んでしまう可能性があること、
 
なので、しっかり固定し、
外れないことに注意して下さいね。
 

内側からの窓対策はどんなことが出来る?

 
次に、内側からの窓対策ですが、
 
ガムテープを窓の内側から
米印に貼るという方法が1つ。
 
そして防犯フィルムも、
台風対策に一役かってくれます!
 
そもそも防犯フィルムというのは、
から侵入してくるといわれる、
 
空き巣被害を防ぐために
使われるものです。
 
内側から貼ることによって、
ガラスが割れても室内に飛散させない
 
役割にも一役買ってくれます!!
 
さらに補強されるので、
台風で何かが飛んできた際の、
 
ガラスにぶつかった衝撃にも強くなります。
 

 
この防犯フィルムですが、
自分で買って貼ることもできます。
 
費用は1平方メートルあたり4,000円ほどです。
 
業者さんにちゃんと仕上げてほしい!という方は、
施工費は15,000円(参考価格です。条件によって異なります)ほどで
 
やってもらえるそうです。
参考にして下さい。
 

 

風速○メートルで窓ガラスが割れる可能性大!!

 
気象情報を観ていると、
よく、風速何メートルって言葉を耳にしませんか?
 
ちなみに、が飛んできて、窓ガラスが割れる
被害がある可能性があるとされるのは、
 
「風速20メートル」からといわれています。
 
ちなみに風速20メートルっていうのは、
 
「しっかりと体を確保しないと転倒する」とか、
 
「シャッターが壊れる」という
 
レベルの強風のことだそう。
 
台風はもちろん、台風以外の日でも
風速20メートルに近い風が、発生した時は
 
要注意です!!
 

最後に

以上、
 
台風時の窓の対策!! テープを使ったおすすめの対策はこれ!!
 
でした。
 
台風による部屋の中の被害
シュミレーションすると…
 
かなり大変なことですよね。
 
被害が起きてからの対応は
心身ともに疲れきってしまいます。
 
住んでいる地域に直撃しそうな
大きな台風が迫っているニュースを知ったなら、
 
万が一の時のために、上手に対策しましょう!
 
それではまた!!

最後までご覧になって下さりありがとうございました♪


スポンサーリンク