台風被害で怖いのが、強風で飛んできたもので、
窓ガラスが「パリンッ」と割れてしまう被害。
 
部屋の中には、ガラス破片が散乱するし、
同時にが降っていれば、割れたガラス窓から
 
大量の降り込んできて、
ビショ濡れになります・・・
 

 
そこで、こういった被害を防ぐために、
窓対策が、必要になってくるわけですが、
 
そういう時、一般的には雨戸を閉めたり、
防犯フィルムを貼ったりというところですね。
 
でも雨戸がなかったり、
頻繁台風を迎えることもないのに、
 
防犯フィルムは金銭がもったいないなあ、
なんて人もいますよね。
 
そんな人はきっと、内側からダンボールを貼って、
万が一、窓ガラスが割れたりしても、
 
部屋に、ガラスの破片が飛び散る
危険を防ぐというやり方をしているかもしれません。
 
ただこの時、注意しないといけないのが
「ガムテープ」なんです。
 
対策時には一般的に、
窓にダンボールを合わせて、
 
タテ・ヨコ・ナナメに
ガムテープを貼るんですが、
 
ガムテープって、剥がすのが
そりゃもう凄い大変なんです。
 
大体、テープ跡がしっかり残っちゃうんです。
 
でもこのテープ跡、キレイに剥がしたいんですよね。
 
ということで今回は、そんなガムテープを
キレイに剥がす方法を教えちゃいます♪
 
ガムテープ剥がしにお困りの方、必見ですよ!!


スポンサーリンク

 紙製ガムテープの剥がし方

 
さてまずは、紙製ガムテープの剥がし方ですが、
 
貼りついたものが少し残る程度なら、
下記を使用して剥がしましょう!
 
◇紙製ガムテープ剥がしにおすすめの道具 

・ガラスクリーナー

・マニキュア落とし(除光液)

・ライターオイル

 
以上が軽度テープ跡を取る道具です。
 上記の中でもおすすめなのは
ライターオイルですね。
 
オイルをかけて、ティッシュで簡単に
拭き取るだけで、テープ跡が取れます。
 
最近では100均ショップでも見かけるので
経済的にもとってもお得です!!
 
さて次に、重度テープ跡の場合ですが、
これを一気にキレイに剥がしたい!
 
という場合には、
 
ホームセンターなどで手に入る、
「nalbie(ナルビー)」というメーカーの
 
「3枚刃」というものがあるんです。
 
これを使うと、しっかり貼りついてしまった
ガムテープをに剥がすことが出来るんだとか!
 
◇3枚刃の使い方 

1.テープ跡部をよーく濡らす

2.3枚刃で一気に剥ぎ取ります

3.まだ残るようなら、再度濡らして一気に剥ぎ取る

4.仕上げにタオルで拭き取る
 
乾いている状態で、3枚刃を使うと、
 窓が傷ついてしまいますので注意して下さい。

 
テープ跡が沢山ある場合など、
これを使うと、一度に取ることが出来て、
 
とても便利ですよ(*^ー゚)v ブイ♪
 
なお、の部分は錆びやすいのですが、
替えの刃も売っていますのでご安心くださいね☆
 

 布製ガムテープの剥がし方

 
さて次に、布製ガムテープの剥がし方ですが、
布製ガムテープは紙製ガムテープよりも
 
剥がしやすいとのことです。
 
なので、窓ガラス等にガムテープを
使う用事があった際には、
 
紙製より布製を選ぶといいかもしれません。
 
でも、これも少し時間が経ってしまうと
剥がそうとした時に粘着質が残ってしまいます。
 
この粘着がまだ残っている状態の時には、
ドライヤーを使ってみましょう!
 
まず、ガムテープを温めて、
その部分が剥がれたら次第に、
 
ドライヤー移動して
全体を剥がしていきます。
 
ドライヤーのが意外と
熱いかもしれませんが、
 
そんなときは、ピンセットを使う等
して工夫してみてください!
 

番外編 セロハンテープの剥がし方

 
最後に、セロハンテープの剥がし方ですが、
セロハンテープは先ほど紹介した
 
紙製ガムテープや布製ガムテープと同じ要領
剥がす事ができるそうです。
 
まぁ確かに、一番粘着力が無いですものね。
 
調査してて分かったんですが、
それもそうだなと、思ってしまいました・笑
 

最後に

 
以上、
 
窓のテープ跡! キレイサッパリ取る方法を教えます!!
 
でした!
 
テープ跡、今まで取れなくて、
または取ろうと思ったまま、
 
長年気になって、放置してきてしまった方、
今回の記事を参考に、片っ端からキレイにして、
 
スッキリしちゃいましょう(^-^)p
 
それではまた!!

最後までご覧になって下さりありがとうございました♪


スポンサーリンク