髪の毛コンプレックスがある私の髪は、
天然パーマというだけでなく、
 
伸びてくると、てっぺんはぺったんこになり、
サイドが、パサパサになってしまっていました。
 
さらには、コシがないので、
セットしても、1時間もしないうちに崩れてました (PД`q。)グスン
 
なので私は、セットしなくてもいい
セットが崩れてもおかしくないをめざし、
 
髪の毛を、いかにうまく切ってもらう
ということを、常に考えていたんです。
 
ただ、そういった考えの中、
いつも疑問に浮かぶのは、
 
床屋美容院てどう違うの?
 
を上手に仕上げてくれるのはどっち?
 
という事でした。
 
という事で今回は、皆さん疑問
思った事があるであろう、
 
床屋と美容院の違いについて
バッチリ調べてきました♪
 
それでは本題にいきましょう!!


スポンサーリンク

床屋と美容院は免許が違う!?

 
さて早速、床屋美容院
違いについてですが、
 
まずいちばん先に知って
おきたいのは免許の違いです♪
 

・床屋
 ⇒理容師と呼ばれていて、理容師には理容師免許が必要。

・美容院
 ⇒美容師と呼ばれており、美容師には美容師免許が必要。

 
これは法律で定められていることで、
理容師美容院で働いたり、
 
美容師床屋で働いたり
することはできないんです。
 

理容師と美容師ができることの違いは?

 
理容師美容師にはそれぞれ
理容師法美容師法という法律が定められ、
 
それぞれに各々の定義違いが書かれています。
 
理容師法では、その第一条の二に

理容とは、頭髪の刈込、顔そり等の
方法により、容姿を整えることをいう」

 
と書かれており、
 
美容師法では、その第二条に、

美容とは、パーマネントウエーブ
結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすることをいう”」
 
と書かれています。
 
この法律を見る限りでは、床屋では
髪の毛を切ったり顔を剃ったりできるが、
 
パーマをかけたり化粧
したりすることはできず、
 
美容院ではパーマをかけたり
化粧をしたりすることはできるが、
 
髪の毛を切ったり顔を剃ったり
することはできないことになります。
 
でもこの条文、よく考えてみると、
 
アレ?
 
と思うところがありますよね。
 
そう、床屋でもパーマをかけているし、
美容院でも髪の毛を切っているってこと。
 
こういった現状は、それぞれの法律
かなり古くなっている為です。
 
理容師法は、昭和22年に、
美容師法は、昭和32年に施行されています。
 
それぞれもう50年以上前です。
古い・・・ですね・笑
 
もちろん少しずつ改正はされているんですが、
基本定義は変わってないとのこと。
 
とすると、法律の条文は建前になって
しまっている部分が多いんですね。
(良いんだか悪いんだか・笑)
 

5634dfffa02fbaee4ca0b8ab96ddb7b3_s

 

床屋と美容院、どちらに行けばいいの?

 
床屋美容院(理容師と美容師法)の、
定義や免許の取得条件から見ると、
 
床屋は、髪の毛切って整えるのが得意で、
美容院は、髪の毛美しく整える(揃える)のが得意なのが分かりますね。
 
なので、スタイルをあまり気にせず
短く切りたい時には床屋に、
 
パーマをかけ、後々スタイル
気にしながら髪を揃えて欲しいときには
 
美容院に行けばいいと、私は思ってます!!
 
あ、そいえば、顔そりは未だに
床屋さんでしかやっていないんですよ!
 
暖かいタオルで顔を蒸し、
シェービングクリームを顔に塗り、
 
顔を剃ってもらう気持ち良さは
経験した人しか分からないことですね。
 
顔剃りが目的で、床屋行くっていう
人も、けっこう多いんだとか。
 

値段の違いってあるの?

 
床屋と美容院の値段違い
調べてみると、値段の違いはそれほどないようです。
 
◇ポイント

・床屋でのカット
 ⇒平均二千円ぐらいから四千円ぐらい

・美容院でのカット
 ⇒平均三千円ぐらいから五千円ぐらい

 
ん~、ちょっと美容院の方が高いかな、
と思うぐらいですね。
 
ただ、ネットなどで調べてみると、
クーポンなどが準備されていて、
 
初回○○%引きなんてサービスを
やっているところもあるので、
 
試しにそういったサービス
利用してみるのもいいですね♪
 

最後に

 
以上、
 
美容院か床屋 どちらが良いの? カット方法と定義の違いを教えます!!
 
でした!!
 
こうやって調べると、
美容院床屋さんて随分違うんですね、
 
昔は、
 
「どっちも同じでしょ」
 
と思っていましたが、
 
これからはそんなことは、
口にしないでおこっと・笑
 
それではまた!!

最後までご覧になって下さりありがとうございました♪


スポンサーリンク