*

礼服とスーツの違いは? 男性の場合はこれだけ違う!!

公開日: : 最終更新日:2017/01/27 マナー

礼服スーツ違いって分かりますか?
 
かく言うも、礼服スーツ違い
なんて全然分からないんです。
 
だって礼服やスーツを買う
事なんて滅多無くて、
 
且つ、お店のそういったコーナーにも
行くことがほとんどないので・・・
 
ただ、もうそろそろイイ歳
言われてもいい年齢なので、
 
いい機会だと思い、今回は
礼服やスーツの違いを調べてみました♪


SPONSORED LINK

礼服にはいろいろある!?

 
まず最初に調べたのは礼服です。
 
実は礼服には、

・モーニング
・タキシード
・ブラックスーツ

以上の代表的があります。
 
また、礼服そのものの用語を調べてみると
 
◇ポイント

礼服とは礼装で着られる服装のことで、
その中にもまた、別れるとの事。

 
まず、正礼服は、昼ならモーニングコート
夜ならテールコート(燕尾服)になります。
 
ちなみに正礼服は、格調の高い結婚式記念式典などで、
主役やそれに匹敵する人が着用する服です。
 
さらに、カフスやタイピンなど小物にも決め事があり、
それと異なる装いをすると失礼にあたるとか。
 
ただ、最近では、モーニング燕尾服
着られることがほとんどないし、
 
でもモーニングを着たりすることもあって、
正式な決まりごとはあまり重要視されてないんですって。
 
次に準礼服は、正礼装省略した礼装で、
昼ならディレクターズスーツ
 
夜ならディナージャケット(タキシード)となり。
一般的結婚式祝賀会などの出席者が着る服です。
 
最後に、略礼服簡略化された礼装のことで、
ダークスーツやインフォーマルスーツなどがそう。
 
形式にこだわらないような
パーティなどに着る服となります。
 
マナーとしては、上着をシングルにした場合、
ベストを着るのがマナーだそう。
 
しかもベストの色にも決まりがあって、
お祝いにはライトグレー
 
不祝儀の場合は黒のベスト
着るのがマナーなんだとか。
 
ただし、上着ダブルを着れば
ベストを着なくてもいいんだそうで。
(何だかややこしいですね・笑)
 

スーツとは何なのか?

 
次にスーツについて調べてみると
 
◇ポイント

スーツとは、男性の場合は背広のことを言い、
社会人が着用する正装一種のこと。

もともとは「一組」「一組の服」
などを意味した言葉で、

上下おそろいの素材でできた、
ジャケットパンツの組合せのことの全般を言います。

 
なので、リクルートスーツや、ビジネススーツなども
単にスーツと言って問題はありません。
 
現在では、公式な場で着る
フォーマルな服として、
 
または専門作業の必要な場所以外で
着用する仕事着として、
 
男女問わずに着る服となっています。
 
ただ、注意することは、スーツという
カテゴリーには、ブラックスーツは含まれるが、
 
ビジネスの場に着ていくのは、
場違いと思われることが多いと言うこと。
 
なぜなら、ブラックスーツ正装に入り、
正装は、パーティなどの冠婚葬祭着ていくものだからです。
 
なので、ブラックスーツをビジネスシーンで
着ていくと、マナーうんぬんよりも、
 
「葬式っぽいな…」
 
などと思われ、TPOをわきまえていないと
捉えられてしまうことがあるんですって。
 
なので、ビジネスシーンでは、
スーツと言っても、ブラックスーツ
 
着用は控えましょうね♪
 
そして、上記のようなマナーがあるので、
ビジネスシーンでは、
 
ネイビーグレー、そして柄は無地。
もしくは控えめなストライプなど、
 
無難スーツ購入しましょう。
 

最後に

 
以上、
 
礼服とスーツの違いは? 男性の場合はこれだけ違う!!
 
でした!!
 
を重ねるごとに礼服
スーツ使い分けることが増えてくるので、
 
皆さんも、他人事と思わずに、
早め準備して下さいね♪
 
それではまた!!

最後までご覧になって下さりありがとうございました♪


SPONSORED LINK

関連記事

お中元のビジネス向けのお礼状  マナーを守った書き方はこれ!!

  7月から8月にかけて、取引先の会社から お中元が届くこと、多いですよね。 &

記事を読む

結婚式の服装のマナー 女性はこれさえ守ればバッチリ! 友人 同僚編

  3ヵ月後はとうとう友人の結婚式!!   結婚式って始めてなんだ

記事を読む

伊勢神宮での参拝方法は? 服装のおすすめはズバリこれ!!

2013年、20年に一度の式年遷宮を 迎えたことでも話題となった伊勢神宮。   昔か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑