「急性胃腸炎」とは、その字の通り
炎症を起こすこと。

 

ウィルス細菌感染することによって、
腹痛嘔吐下痢などの症状が表れます。

 

そのため、急性胃腸炎
「感染性胃腸炎」または「嘔吐下痢症」などと

 

呼ばれたりすることもあるようです。

 

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=clXHXloAojA

 

そんな急性胃腸炎、実は子供の嘔吐や下痢は、
実はほとんどがこの急性胃腸炎によるもの。

 

誰にも起こり得る症状なので、
しっかりと勉強しておきましょう。


スポンサーリンク

子供は特にかかりやすい!? 急性胃腸炎の症状とは?

 

最近では、子供も大きなストレス
抱える場合が多くなり、

 

胃腸病気になるケースが
増えているといいます。

 

また、子供は学校などがウィルス
感染経路となることも多く、

 

急性胃腸炎子供にとって、
大人以上にいつかかってもおかしくない

 

病気と言って過言ではないのかもしれません。

 

また、子供は十分に発育していないため、
細菌などに感染すると全身症状が出やすく、

 

大人と比べてといった
消化器系のはたらきも乱れやすくなります。

 

ただ、症状としては大人も子供も同じです。

 

激しい腹痛に見まわれたり、
下痢嘔吐を繰り返したり、発熱したり……。

 

風邪症状とよく似ているため、
軽く考えてしまいがちですが、

 

こうした症状が見られる場合は、
やはり大事をとって医者へ行くようにした方がいいでしょう。

 

かからないためにはどうすべき? そして、かかってしまった時には?

 

急性胃腸炎を防ぐためには、
とにかく「手洗い」「うがい」を徹底すること。

 

帰宅したらすぐに洗面所直行する
クセをつけておきましょう。

 

もちろん、手洗いは水だけでなく
石鹸で実施するのが必須です!!

 

また、調理の際、食べ物にしっかり
通すことも有効な対策です。

 

ただ、それでもまだ気を付けなければ
ならないのが急性胃腸炎の厄介トコロ

 

なぜかというと、急性胃腸炎
ほとんどが「感染性」だからです。

 

家庭でどれほど気をつけていても、
感染してしまう可能性は避けられません。

 

学校保育園などでは、
マスクをして感染防止に努めましょう。

 

そして、もし上記のような症状が出て、
急性胃腸炎と診断された場合は、

 

安静にして「水分補給」を心がけましょう。

 

下痢嘔吐といった症状は、
体の中に入った有害なものを

 

排除しようとするはたらきです。

 

いわば、が本来持っている「防衛本能」なのです。

 

そのため、下痢止めなどの薬で
これらの症状止めることは、

 

かえって病状を長引かせることに
つながりかねませんので使用は控えましょう。

 

下痢嘔吐が続く場合の水分補給は
スポーツドリンクが一般的ですが、

 

少し糖分高いので
私はおすすめしません。

 

湯冷まし1リットルに砂糖40グラム
塩3グラムを加えたものを、

 

少しずつ与えるようにしましょう。

 

症状が治まってくれば、おかゆ味噌汁など、
お腹やさしい食べものから摂取するようにします。

 

特におかゆは、世界的にも認められた
有効な胃腸炎食なのです。

 

 最後に

以上、

 

急性胃腸炎の時の子供の症状は!?
お父さん、お母さんが知っておくべきポイントはこれ!!

 

でした!!

 

いかがでしたか?

 

お子さんが突然下痢嘔吐をしたりした時は、
急なことで少し焦ってしまうかもしれませんが、

 

今回書いた記事を参考にして
適切対処をして下さい。

 

そして、これからノロウイルスなどの
胃腸炎が流行り始めますので、

 

しっかりと予防をしていって下さいね♪

 

それではまた!!

最後までご覧になって下さりありがとうございました♪

SPONSORED LINK


スポンサーリンク