ショッピングやスポーツ観戦、オペラなど、
多くのエンターテインメントで人々を魅了し続ける都市『ミラノ』

 

ヨーロッパを旅行する際、イタリアを旅行する際にはとっても人気な観光先です!

 

関連記事はこちら↓
海外旅行を気軽に楽しめる旅行代理店(旅行会社)を調べてみた!!

 

しかし、いざミラノへ旅行に行こうと考えたとき悩んでしまう事の一つに

「服装は何を着ていけば良いか?」が挙がります。

 

今回は、そんなミラノでの服装に困っている方に、服装の注意点、季節ごとのポイントをお伝えします♪

 


スポンサーリンク

 

 

 

ミラノとは?

WS000000

ミラノは、イタリアの都市で、ミラノ県の県都およびロンバルディア州の州都であり、
「ヨーロッパ有数の世界都市」です

ファッションで有名な「ミラノ・コレクション」
サッカーで有名な「ACミランインテル・ミラノ」など

世界的に知名度の高いイベントやクラブが多数存在します。

 

ミラノは四季がハッキリしない!?

東京に比べると、「ミラノはそれほど四季がハッキリしていません」
春と秋は短く、あえて言うなら「春が4月、秋が10月のそれぞれ1ヶ月ほどです」

それ以外の「10ヶ月は、夏か冬のどちらかといった具合です」

 

3~4月はシャツにジャケットでOK!

最も心地よく観光ができるのは3~4月頃です

なんと「シャツにジャケットを軽く羽織る程度で、街中を楽しく回ることができます」

念のためにスカーフなど、「温度調節できるアイテムを備えておくと完璧でしょう」

 

5~8月は半袖シャツで、サングラスを忘れずに!

5月になると、すっかり初夏の陽気。「日中は半袖でもOKです」

 

6月に入ると、いよいよ夏本番!
ミラネーゼ(ミラノっ子)は「休暇を取って海や山へ向かう人が徐々に出始めます」

 

6~8月のミラノは、お店が休みのところも増えますが、地元の人は少なく、
「街中をブラブラ歩きたい人にはオススメかもしれません」

 

ちなみにイタリアでは「3月末頃~10月下旬頃までサマータイム」となるため、
ミラノの6~8月は「夜8時頃でもまだ明るいです」

 

湿度も日本よりずっと低く日陰に入ると涼しいですが、
「日のあたる場所だと、ちょっと移動するだけで汗をかくことも」

 

なので着替えは常に用意しておいてください。
また、「日射しが強いため、サングラスも忘れずに」

 

9~10月は長袖シャツとジャケットを着よう!

「9月は半袖シャツ1枚でも過ごせるでしょうが、
10月に入ると、気温も急激に下がり始めます」。

 

「長袖シャツはもちろん、ジャケットやカーディガンなどがあるとよいでしょう」

 

「日中と朝夕の気温差が大きい」ため、サッカー観戦などで夜に出かける場合は、
「多めに着込んでいったほうが安心です」

 

11~2月はコートやマフラー必須!カイロも重宝します!

本格的な寒さが続くのが11~2月。
「ミラノの日中気温は3~10℃ほどで、夜はマイナスに冷え込むことも珍しくありません」


「長めのコートはもちろん、手袋、帽子、マフラーは必須。

使い捨てカイロがあると重宝します☆」。

 

最後に

以上、ミラノに旅行に行く際の服装の注意点、季節ごとのポイントをお伝えしました!

 

イタリア旅行の中でもトップクラスの観光先、ミラノ。
旅行に行く際の服装はくれぐれも注意して下さいね。

 

特に11~2月はとても寒いので、これでもか!! と防寒対策をしていって下さい♪

 

それではまた!!


☆ミラノ旅行で困っている皆さんに是非シェアして下さい!!☆


スポンサーリンク