新入学や新入社の時期を迎え、
これから親元を離れ「一人暮らしを始めるという方が増えていきます」

 

そして、一人暮らしを始めるにあたって、
まず一番に必要になる家電が「冷蔵庫」です。

 

そんな冷蔵庫 ”いざ購入しよう!!” となると、
いろんなサイズや機能がたくさんあって迷ってしまいませんか?

 

今回は、そんな冷蔵庫選びに迷っている方に、
一人暮らしの方向けの、冷蔵庫のサイズと機能について調べてみました♪


スポンサーリンク

冷蔵庫のサイズ(容量)選び

冷蔵庫は、これから住む部屋の間取りにキチンと
収まるサイズにすることが必要です。

 

その上でどのくらいの容量・機能を選べばいいのかは、
ライフスタイルによって変わってきます。

 

容量で一般的に言われているのは、

 

「一人あたりの目安が70Lで×家族の人数分
   +常備品分が100L+予備が70L」
です。

 

しかしこれは基本的には
「家族を持つ世帯向け」に考えられていて、

 

しっかりと余裕を持たせた数字なので、
一人暮らしにはあまり参考になりません。

 

この計算だと「一人暮らしでも240Lの冷蔵庫が必要になります」が、
240Lというとそれなりに大きく、

 

「価格も50000円を超え高くなってきます」。

 

よって、いきなりおいそれと購入できるものでも無いと思います。

 

ですので一人暮らしであれば自炊をする方でも、

 

「大体100L少々~150Lほどで事足りることがほとんどです」

 

「とにかく料理が趣味で多く食材を買う」
という場合であればもう少し大きく、

 

「200L前後」のものを選んでもいいでしょう。

 

自炊をする方向けのオススメ機能

自炊をする方への向けのオススメの機能として、

 

「プラズマやイオンなどで除菌・脱臭したり」
「独自の冷却方法で食材の鮮度を保ったりする」ものもあります。

 

以前これらは、大型の冷蔵庫にしか
搭載されていない機能でしたが、

 

「現在では小さめのパーソナル冷蔵庫にも
一部搭載されている機種があります」

 

自炊をする方は冷蔵庫選びの際のチェックポイントにして下さい♪
 

自炊をしない方向けのオススメ機能

先とは逆に、自炊はほとんどせず 
”飲み物ぐらいしか冷やさないよ” という方は、

 

「サイズはもう少し小さなものを選びましょう」

 

「ワンドアのコンパクトなものであれば40Lぐらいからあります」

 

ただ、この時忘れてはならないのが、「冷凍庫の有無です」

 

冷凍庫があったほうがいざという時になにかと便利なので
「冷凍庫が付いたものをオススメします」

 

「冷凍庫が付いていてかつ容量の小さいもので大体80Lぐらいからになります」

 

価格もそれほど大きな差ではないので、
サイズに問題がなければこちらのほうがオススメです。

 

その他のオススメ機能

ここまで、自炊する方としない方別でオススメ機能を説明しました。
次は両者の方にオススメしたい機能があります。

 

それは「冷蔵庫の天板が耐熱トップテーブルかどうかということです」

 

耐熱トップテーブルというのは
「天板が耐熱仕様になっていることを指します」

 

この機能がないと、冷蔵庫の上に電子レンジや
トースターを置いて使うことができません。

 

もし、電子レンジやトースター等の高熱を帯びる機器を、

 

冷蔵庫の上に置いて使おうと考えている場合は
確認するべき「重要な機能になります」

 

最後に

以上、一人暮らしの為の冷蔵庫選びについてでした。

 

これから一人暮らしをされる方や検討している方、

 

冷蔵庫は衣・食・住の「食」を守るキーアイテムなので、

 

”こんなもんでいいや” と思わずにしっかりとサイズと
機能を検討して下さい♪

 

それではまた!!

最後までご覧になって下さりありがとうございました♪

SPONSORED LINK


スポンサーリンク