今年こそ日焼けはしたくない!!

日焼け止めでしっかり対策してやるんだから!!

 

そう意気込んでいるそこのあなた

昨今の日焼け止めには様々な種類があること、ご存知ですか?

 

特に大事なのは、その日焼け止めが

 

 

紫外線吸収剤(ケミカル)品なのか紫外線散乱剤
(吸収剤不使用 = ノンケミカル)品なのかということ。

 

 

先に言ってしまいますが、もし日焼け止めが紫外線吸収剤(ケミカル)の場合、

日焼けはしないけど肌が荒れてしまう、なんて事が使い方によっては起きてしまいます!!

 

これじゃあ何の目的で日焼け止めしてるのか分かりませんよね。

だって ”日焼け止め=肌を守りたい” なんですから。

 

さて、それではこれから紫外線吸収剤と散乱剤の違いについて説明します。

 


スポンサーリンク

 紫外線吸収剤とは

 

紫外線吸収剤とは、紫外線を敢えてその成分に一旦取り込み、
別のものに変換してしまうという成分です。

変換するものは主に熱エネルギーです。

 

化学式という言葉、中学生の時くらいに聞いたことはありませんか?

 

 

H2(水素) + O2(酸素) → H2O(水) のような式です。

 

 

上式はそれぞれ違う成分(H2(水素)とO2(酸素))同士が足されることで

別の成分(H2O(水))に変換されるという事が起きています。

 

紫外線吸収剤もこれと同じで

 

 

紫外線吸収剤 + 紫外線 → 別の成分(熱エネルギーなど)

というふうに変換されているのです。

 

 

紫外線吸収剤を肌の表面に覆うことで、紫外線を”化学的”に別成分へ変換し浸透を防ぎます。

 

紫外線吸収剤のメリットとデメリット

紫外線吸収剤のメリットとしては

  • 無色透明の液体なので白浮きがない
  • 塗り心地が滑らか
  • 紫外線散乱剤に比べ日焼け止めの効果が高い

以上が挙げられます。

 

無色透明の液体で白浮きがないのは、
顔を大事にしている女性にとってはとっても大事ですよね。

また日焼け止めの効果が高いのも嬉しい要素です。

 

続いて、紫外線吸収剤のデメリットですが

  • 敏感肌はすぐに荒れてしまう
  • 油分が含まれるので酸化し易く、それが原因で赤みやかぶれを引き起こす

以上が挙げられます。

 

紫外線吸収剤は化学反応を起こすことで紫外線の浸透を防ぎますが、

その化学反応を起こす時に発生するエネルギーが、肌の組織に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

特に敏感肌(肌の弱い)には顕著に現れます。

 

また、紫外線吸収剤は酸化し易い為、
酸化した成分が肌に長時間触れると赤みやかぶれを引き起こします。

 

なので、特に紫外線吸収剤の日焼け止めは保存場所には注意して下さい。

 

348acded8d3becd5008a500c640e37e9_s

 

 紫外線散乱剤とは

 

紫外線散乱剤とは、紫外線を反射・散乱(※)させ肌への浸透を防ぐ成分です。

(※)散乱:紫外線などが凹凸のある微粒子に当たって、
色々な方向に進路を変えること。

 

紫外線散乱剤は先ほどの紫外線吸収剤とは違い考え方はシンプルで、ようは

 

 

向かってくるものを跳ね返す盾(鏡)のようなものです。

 

 

紫外線散乱剤を肌の表面に覆うことで、紫外線を”物理的”に跳ね返し、浸透を防ぎます。

 

紫外線散乱剤のメリットとデメリット

紫外線散乱剤のメリットとしては

  • 敏感肌の人でも肌荒れが殆ど無い
  • 油分を含まないので酸化しにくい為、保存場所に気を遣わない

以上が挙げられます。

 

紫外線散乱剤は肌の表面に盾のように存在する為、肌には悪影響が発生しません。

 

よって紫外線吸収剤のような肌荒れが起こらないので敏感肌の方でも安心です。

また、紫外線散乱剤は酸化しにくい為、
紫外線吸収剤に比べると保存場所に気を遣わないですみます。

 

続いて、紫外線散乱剤のデメリットですが

  • 主原料が白色の粉体なので、白浮きし易い
  • 汗などで粉体が取れてしまうので、塗り直しが多くなる

以上が挙げられます。

 

紫外線散乱剤は主原料が白色の粉体なので、肌との同色化がとても苦手です。

 

最近は白浮き対策が施されているものも出ていますがまだまだ発展途上といったところです。

 

 

白浮きを避けて日焼け止めの量を減らしたいところですが、
それでは何の為に日焼け止めを塗っているのかが分かりません。

 

 

また、運動などで多量に汗をかくと粉体が取れてしまいます。
なので長時間の運動や外出時にはどうしても塗り直しが多くなってしまいます。

 

 まとめ

 

以上、日焼け止めの紫外線吸収剤と散乱剤の違いでした。

 

今までのおさらいをしてみると

名称
特徴
メリット
デメリット
紫外線
吸収剤
・無色透明の液体

・化学的に紫外線を
 カット
・無色透明の液体なので
 白浮きがない

・塗り心地が滑らか

・日焼け止め効果が高い
・敏感肌はすぐに
 荒れてしまう

・酸化し易く、赤みや
 かぶれを引き起こす
紫外線
散乱剤
・白色の粉体

・物理的に紫外線を
 カット
・敏感肌の人でも
 肌荒れが殆ど無い

・酸化しにくい為、保存
 場所に気を遣わない
・白色の粉体なので、
 白浮きし易い

・汗などで粉体が
 取れてしまうので、
 塗直しが多くなる

以上となります。

 

紫外線吸収剤と散乱剤にはそれぞれメリットデメリットがありますので、
出かける場所や時間など、TPOに合わせて使用したいですね。

 

例えば下記を参照下さい。

①紫外線が強く長時間さらされる場所で、運動する(汗をかく)場合
→紫外線吸収剤

②運動はしないが一日外出する(一日紫外線を浴びる)場合
→紫外線が強い時間は吸収剤、弱くなったら散乱剤

③外出はしないが紫外線の影響を多少受ける場合
→紫外線散乱剤

 

いかがでしたでしょうか?

 

日焼け止めを購入する予定の方に少しでも参考になれば幸いです。

 

ちなみに、これから日焼け止めを色々探すのが
ちょっとめんどくさいな~という方は、

私が使用している日焼け止めを紹介しますので参考にして下さい。

14年現在、日本最高値の紫外線散乱剤です。

 

 

最後に、日焼け止めのキレイな塗り方の動画を見つけましたので、

こちらも参考にして下さい。

 

 

これからどんどん紫外線が強くなっていきますので皆さんも注意して下さいね♪

 

それでは!!

 

最後までご覧になって下さりありがとうございました♪

 

P.S

もしこの記事が参考になった方は、ぜひぜひシェアして下さい☆

 

SPONSORED LINK


スポンサーリンク